etcカード 法人契約 年会費無料

会社の仕事で高速道路を毎日のように利用していたら、高速料金代って、頭の痛い問題です。

 

『通行料を減らせ』って上司にいつも文句を言われています。

さぼっている訳じゃないのに、そんなこと言われてもね~。

 

でも、今だにICで手渡しで料金を精算しているのは、うちの会社くらいです。

 

時間もかかるし、会計業務も手間がかかります。

 

経営の効率を上げるためにも『法人契約できるetcカード』を会社として作りましょう。

 

会社で業務に必要なので、etcカードを発行したいと考えたら、法人契約してくれるETCカードを選ばないといけません。

 

おすすめ法人用etcカード

高速情報協同組合の法人etcカード

  • 年会費無料
  • 発行手数料540円(1枚)
  • クレジット機能無し
  • 休日割引30%OFF
  • 深夜割引30%OFF(午前0時~4時)

 

ETCコーポレートカード

  • 年会費無料
  • 発行手数料617円(1枚)
  • クレジット機能無し
  • 首都・阪神高速道路割引可能

首都高割引情報

  • 都心流入割引。
  • 湾岸線『川崎浮島JCT~大黒JCT』または川崎線利用の大型車、特大車。
  • 外環道迂回利用割引。
  • 横浜都心部と都心環状線の湾岸線利用割引。
  • 大口、多頻度割引。
  • 障害者割引。

があります。

阪神高速道路の割引情報

  • NEXCO・本四高速との乗継割引。
  • 西線内々利用割引。
  • 池田線・西大阪線・東大阪線端末区間割引。
  • 京都線時間帯割引。
  • 環境ロードプライシング割引。
  • ETCマイレージサービス
  • 大口・多頻度割引。
  • 障害者割引。

があります。

 

法人契約して一番得する点は、割引を利用できるってことですよね

現金で通行料を支払っているのとでは、年間にかかる通行料が雲泥の差になります。

 

発行するだけでETC割引を利用できて、通行料の経費削減ができます。

 

 

今までも経費削減してきたて、もうこれ以上は無理っていう経営状態だけれど、そこからさらに経費削減する必要があるんです。

 

今どきの会社経営は。

 

もう無理っていう状態からの、経費削減っていうのは、ETCカードを発行してやるんですよね~。

 

紹介したETCカードはクレジット機能が付いていないので、高速の通行料の支払のみに利用できます。

 

社員個人に割り当てることができるから、それぞれの個人での利用頻度も通行料もわかるので、社員の管理ツールとしても同時に使えるんです。

 

ETCカードを法人契約しない理由がありませんね。